So-net無料ブログ作成

震える言葉 [小坊主つばめに栄養]

BLOG4578.JPG
 
引っ張られるように
 
読みふけり
 
没頭した
 
『水滸伝』『楊令伝』
 
本当に、熱くなりました。
 
最近、また、最初から読み返しています。 
  
大好きな場面はいっぱいありますが・・ 

なかでも、特に好きな場面。
 
 
 

(『水滸伝3』曹正の言葉)
 
薄汚い事も、ずいぶんやってきた。
 
そういう自分に
 
友と思える存在ができるとは、思ってもいなかった。
 
真の友を持つには、人の汚さを知りすぎた。
 
しかし、楊志は、自分のその汚さを洗ってくれている。
 
洗ってきれいになるものでもないが
 
いままで洗われることさえなかったのだ。
 

(『水滸伝6』袁明の言葉)
 
大抵の場合、
 
権力を否定する反乱側の方に
 
大義はありそうに見えるものだ。


(『水滸伝6』奏明の言葉)

決断の速さだ。
 
決めるだけなら、誰でもできるが、
 
自分がこれを思った通りに決断して、
 
後になっても後悔がない、というふうになれば、
 
相手を凌げる。
 

(『水滸伝7』魯達の言葉)
 
「取り違えるな、魏定国。
 
俺になにか力があるわけではない。
 
俺が呟くのがまっとうなことで、
 
そのまっとうなものに力があるということではないか。」
  
〜略〜
  
「生まれた時から、口がないに等しいのが、
 
人間というものではないのか。
 
口がなくて、痛いとも苦しいとも言えん。
 
ところが、牢城にいる人間は、開き直ったのだよ。
 
ひとりでは届かない声が、二人になると少し大きくなり、
 
十人になるともっと大きくなる。
 
開き直って、失うものもないと思ったら、
 
声ぐらい人はだせるのさ。」

 

(『水滸伝10』彭玘の言葉)
 
彭玘は頭を空白にし、星が流れるのを見ようとした。
 
星は、しばしば流れる。夜空を見ていると、それがよくわかる。
 
それでも、空から星はなくなることはない。
 
〜略〜
 
人は死ぬ。これまで、どれほどの数の人間が死んだのか。
 
無数という言葉さえ空しくなるほど、多くの人間が死んだ。
 
いま生きている人間も、百年後にはみんな死んでいる。
 
それでも、百年経っても、同じように人はいるに違いない。
 
 
 
(『水滸伝12』宣賛の言葉)
  
頭で考えただけの思想ではない、と感じた。
 
生きていることが発する痛み、心が発する痛み。
 
それは思想というより、独白に近いのかもしれない。
 
思想は独白の底流にあるのだ。
  


(『楊令伝』童猛と項充の会話)


俺も兄貴を忘れないようにする。
 
水底を覗けば、時々あえるんだろう?
 
そうだな。確かに。 
 
そうやって思い出してくれる弟がいて、お前の兄貴は幸せだ。
 
違うな項充。思い出してしまう人間をもった、俺たちが幸せなんだ。



 
 
お読みになっていない方には、なんの事か分らない記事ですが(^_^;)
  
震える言葉
 
これは、あるもんだと、意識させられましたので、自分の記録として・・。
 
 
水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)

水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/10/18
  • メディア: 文庫

 
楊令伝 1 玄旗の章

楊令伝 1 玄旗の章

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: 単行本

nice!(7)  コメント(8) 

nice! 7

コメント 8

nony

ご無沙汰しています。これからも、宜しくお願いします。
by nony (2011-12-06 00:21) 

nao

北方水滸伝・・・楊志の死に立ち直れず・・・止まって早数年。(←一応全巻揃えてはいる)早く読まなきゃと思いつつ、なかなか思いきれません。

私も水滸伝大好き!
思いきって読みなおしてみようと思います。


ちなみに私のお気に入りの言葉は、ダルタニャン物語のアトスの言葉。
『人生なんて、小さな苦労をつないだ数珠玉みたいなもんで、賢者はそれを笑いながらつまぐるのだ。
-中略-
未来をバラ色にしようと思ったら、シャンベルタンのコップをすかして見るにかぎる。』


そーです。ダルタニャンも大好きなのです♪
by nao (2011-12-06 08:42) 

小坊主つばめ

krauseさんniceありがとうございますm(_ _)m
by 小坊主つばめ (2011-12-07 14:09) 

小坊主つばめ

吟遊詩人41さんniceありがとうございます(^v^)
by 小坊主つばめ (2011-12-07 15:05) 

小坊主つばめ

nyanさんniceありがとうございます(^o^)
by 小坊主つばめ (2011-12-07 15:06) 

小坊主つばめ

nonyさん、また、おじゃまいたします(^o^)
by 小坊主つばめ (2011-12-07 15:09) 

小坊主つばめ

kuniさんniceありがとうございます(>v<)
by 小坊主つばめ (2011-12-07 15:10) 

小坊主つばめ

naoさんありがとうございます。
楊志の最期のシーンっ!!
あそこも、名シーンですねっ!!
いやぁ〜
震えるシーンは各巻沢山あって、どの登場人物も大好きです。
せっかくお持ちでしたら、是非お読みになった方がいいと思います。
三銃士。これも良いですね〜っ!
アトスも渋いっ!
でも、小学生以来よんでない(^_^;)
by 小坊主つばめ (2011-12-07 15:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。